顧問弁護士がいることで

法律の専門家というと、誰もが一番に弁護士を思い浮かべるでしょう。
離婚問題や家族の遺産相続、こうした嫌な問題も法律に沿ってしっかり解決してくれる弁護士は私たち一般の人間にとっても強い味方となる存在ですが、企業にとっても弁護士は非常に大切な存在です。

企業で何かの問題が起きた時、企業内で解決できるに越したことはありません。
でも、大きな問題となると、企業の中で問題を解決するのは難しく、最終的に法にゆだねる事が多くなります。
そんな時弁護士を依頼するのですが、まず、どういった企業でどういう状況にあり、どういう問題が発生しているのか、そこを説明する事が必要となります。

企業の問題は個人の問題とは違い、企業の業務、形態、その置かれている状況によって複雑な問題であることが多く、弁護士もその把握をしないと解決に勧めていく事が出来ないのです。
そこで大手企業などは、弁護士に顧問となってもらい、普段からその企業の内情をある程度理解してもらっておき、問題が起こった時にも素早く対応できるようにしているのです。

企業等と顧問契約を結び企業内の問題や相談などを受ける弁護士を顧問弁護士といいます。
一定時間内は個別費用が必要なく無料相談できる、業務内容や内情の理解があるため問題が深くなる前に解決できるなどメリットがあります。

当サイトは顧問弁護士を依頼する事のメリットなどを中心にご紹介し、企業が問題をいち早く解決できるよう情報を提供するサイトです。
皆様のお力に慣れたら幸いです。

Copyright © 2014 顧問弁護士とは All Rights Reserved.